転職 就活

憧れの職業と現実

  1. HOME >
  2. 転職 >

憧れの職業と現実

憧れの職業に成人してからなれたという人がいることは事実ですが、大抵の場合は憧れを形にするのは難しいものです。

幼少期は、可能不可能を問わず憧れで職業を希望しますが、年齢を重ねるにつれその職業につけるかどうかも視野に入ってきます。

漠然と憧れてはいたものの、収入や仕事のありようが希望とずれていることがわかり、他の職業を探すという人もいます。

収入の面で見た場合、医師や弁護士は、昔から憧れの職業として一定の人気があります。

しかし、希望通りに就職する人は一握りです。背景には資格試験の難しさはもとより、近年では医師の場合、きつい労働環境なども問題となっています。

労働環境や収入の面などで、現実と憧れのズレに直面する人もいます。弁護士は高収入のイメージがありますが、人によって収入には差があります。

憧れの職業につきたくて様々な努力をしてきたものの、なってみたら現実は憧れとは異なっていたということもあります。

経済状態が好調な時代、特にバブル経済期は求人数が圧倒的に多く、採用内定を得ることは簡単なことだったとされています。

比較的憧れの職業に付ける人も多かったのですが、ここ数年は自分の憧れはもはや二の次となっているようです。

就職に有利というだけで理系に進む学生も少なくありませんし、大学入試でも理系学部を希望する人が増加しているといいます。

理系であればどんな職業にも就けるという訳ではありません。職業に対する憧れと現実との差は、誰しも多かれ少なかれあるようです。

-転職, 就活

© 2021 なんとなくなんとなく